吉祥寺でカイロプラクティックを開業しています。 腰痛・頭痛・神経痛~パニック障害・うつ症状などでお困りの方へ心身相関統合医療。

  吉祥寺 「メンタルボディケア吉祥寺」 院長ブログのナビゲーター   トップページ > 60歳以上の症状  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝の痛み(退行性変性)

2011 - 03/08 [Tue] - 17:00

本日、6年ぶりの患者さんは膝の痛みを訴えてのご来院。

私もしっかり覚えていました。

去年より老人ホームでの生活になり、

自由な時間をどう有効活用するか模索中とのこと。

膝は6年前の施術後より、痛みが小さくなっているので、

生活に問題があるわけではないが、

最近階段でチカラが入りにくいとのこと。

悪化する前にカイロプラクティックの受診にいらしゃった。



膝の可動は正常で、筋力検査も問題なく、

逆に年齢以上の強さを感じるくらい。

ただ少し、伸展制限域で疼痛とマックマレーテスト陽性であるため、

アクティベーター療法で痛みを軽減させエクササイズの指導をする。



痛みは関節の退行性変性(=老化)であるため、

積極的なエクササイズが欠かせない。

ほとんどのお年寄りの方は、

膝の違和感程度でも歩行が億劫になり、

さらに変性が進行しがちなのだが、

本日の患者さんは、とても運動に積極的。



老人ホームの運動では全然物足りない様子で、

私のエクササイズ指導も50代レベルの運動量でも

らくらくとこなせそうな動きを見せる。


1、なぜ、膝が痛くなるか?

2、なぜ、カイロプラクティックで痛みが軽くなるのか?

3、なぜ、このエクササイズが必要なのか?



この3点をご理解いただくことが大切です。



自主的に運動はしているものの、

膝の退行性変性予防にはなっていなかったので、

3点のエクササイズを追加するように指導させていただいた。

ご本人も運動法を知って嬉しそうに帰られました。



子供でも大人でも明るくて素直な方は治りが早い傾向です。

こちらのお年寄りの方もすごく元気な方できっと快復が早いでしょう。

お尋ねしませんでしたが、

なぜ老人ホームで生活しているのか不思議なくらい元気でした。


快復の森カイロプラクティック 吉祥寺


中尾正勝

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

吉祥寺の治療家

Author:吉祥寺の治療家
1965年 長崎県佐世保市生。
幼少の頃、虚弱体質で入退院を何度も繰り返す。
20代の半ばに武道と出会い、運動と食事療法で健康増進に成功。
その後、西洋医学では改善できない自然療法に興味を持ち始める。
5年制のカイロプラクティック専門大学で国際基準の学位を取得し2003年に吉祥寺に開業。
今では肩こり、腰痛、頭痛などの筋骨格系の施術に加え、うつ、パニック障害、強迫性障害、IBSなどメンタルケアを求める患者様も増加中。

快復の森カイロプラクティック

なかおのひとりごと

なかおのフェイスブック

過去の院長ブログ

オーガニックルームブログ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。