FC2ブログ

吉祥寺でカイロプラクティックを開業しています。 腰痛・頭痛・神経痛~パニック障害・うつ症状などでお困りの方へ心身相関統合医療。

  吉祥寺 「メンタルボディケア吉祥寺」 院長ブログのナビゲーター   トップページ > スポーツ障害 > 内転筋痛  

内転筋痛

2010 - 09/14 [Tue] - 20:51

学生でラクロスの選手。

ニューロパターンセラピー(心身条件反射療法)を希望で快復の森を訪れる。

     100205カイロ体験談

ステップ→シュートの動作で、内転筋に強い負荷がかかり痛めてしまい、

再発を繰り返すとのこと。

ラクロスのシュートの特徴は他の球技とは違い、

左右両側から打ち込むことが可能であること。

当然、利き腕の逆でシュートが打てると、パフォーマンスの向上につながる。

患者さんは、利き腕とは逆の左でのシュートが出来るようになって、

調子が向上している時に、内転筋を痛めてしまっている。


特にアスリートによく見られるが、

調子が100%良い時に限って怪我をしやすくなることがある。

逆に何か少し気になるコンディションの方が、

安定したパフォーマンスを維持できるものである。

これは、調子が良いがゆえに無意識に肉体の限界を

超えてしまうという理由でもあるが、

ニューロパターンセラピー的な視点で言うと、

好きなスポーツに全力で打ち込むことができる環境で、

心から入り込めば入り込むほど、

それに反して何かが犠牲になっていくと錯覚することがある。


それが、ブレーキとなって身体が無意識に緊張し、怪我してしまうことがある。
(主に肉離れなど)


何かというのは、

ひとそれぞれではあるがその錯覚をコーチング的にプラスへ導くことが、

怪我がない、また運動パフォーマンスの向上につながる。



ラクロスの試合シーズン中は最高のパフォーマンスが発揮できるように

カイロプラクティックサポートをさせていただいている。






余談ですが、

ラクロスには男子ラクロスと女子ラクロスが存在してます。

一口にラクロスといっても、

男子と女子ではプレイヤーの数やルールも異なるなど全く別物のようです。

          ラクロス


男子はヘルメット・ショルダーパットなど防具をつけ、

持っている金属製のスティックで相手を叩いてボールを奪ったり、

ぶつかったりするので、アイスホッケーのように喧嘩になったりするそうです。

時には時速160キロを超えるシュートで相手のゴールを襲う

「地上最速の格闘球技」

というらしい。

すごいですね。。。


快復の森カイロプラクティック 吉祥寺


中尾正勝




スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

吉祥寺の治療家

Author:吉祥寺の治療家
1965年 長崎県佐世保市生。
幼少の頃、虚弱体質で入退院を何度も繰り返す。
20代の半ばに武道と出会い、運動と食事療法で健康増進に成功。
その後、西洋医学では改善できない自然療法に興味を持ち始める。
5年制のカイロプラクティック専門大学で国際基準の学位を取得し2003年に吉祥寺に開業。
今では肩こり、腰痛、頭痛などの筋骨格系の施術に加え、うつ、パニック障害、強迫性障害、IBSなどメンタルケアを求める患者様も増加中。

快復の森カイロプラクティック

なかおのひとりごと

なかおのフェイスブック

過去の院長ブログ

オーガニックルームブログ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク