FC2ブログ

吉祥寺でカイロプラクティックを開業しています。 腰痛・頭痛・神経痛~パニック障害・うつ症状などでお困りの方へ心身相関統合医療。

  吉祥寺 「メンタルボディケア吉祥寺」 院長ブログのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> スポーツ障害 > 有痛性外脛骨  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有痛性外脛骨

2013 - 04/20 [Sat] - 13:23

     有痛性外脛骨12歳画像

有痛性外脛骨12歳

シンプルなコメントありがとうございます。

整形外科のレントゲンで奇形が確認されこれは治らないと診断された12歳のスポーツ少年。

以前柔道で発症し最近はバスケで再発したとのこと。



外脛骨とは足の内側にある過剰骨(よけいな骨)もしくは種子骨の一つです。
そこに関与している後脛骨筋健の炎症です。
中足部のスポーツ傷害の中では良く見られ症状です。
健常な方の15%ぐらいの方にあるといわれていて、症状がなければ何も問題ないとされています。



足のケガは、どうしても活動で痛みを誘発させやすいため、回復しにくい部位ですが、
奇形、変形だからという理由で治らないということはありません。



レントゲンは最悪な疾患が潜んでないかの確認という意味では重要ですが、
スポーツ障害の原因が見つかるケースはほとんどありません。(骨折は別です)



患者さんも画像を見て奇形が原因と信じてしまうと治りが本当に遅くなります。



だから、変形や奇形は関係ないですと伝えても
「ホントですかあ~」と疑い深い大人より、
目んたまクリクリさせ、じっと素直に聞いている子供の方がぐっと治りが良いです。(体の若さも関係しますが)


ケガの回復にもメンタルの影響が大きく関与しているのです。


快復の森カイロプラクティック 吉祥寺


中尾正勝


スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

吉祥寺の治療家

Author:吉祥寺の治療家
1965年 長崎県佐世保市生。
幼少の頃、虚弱体質で入退院を何度も繰り返す。
20代の半ばに武道と出会い、運動と食事療法で健康増進に成功。
その後、西洋医学では改善できない自然療法に興味を持ち始める。
5年制のカイロプラクティック専門大学で国際基準の学位を取得し2003年に吉祥寺に開業。
今では肩こり、腰痛、頭痛などの筋骨格系の施術に加え、うつ、パニック障害、強迫性障害、IBSなどメンタルケアを求める患者様も増加中。

快復の森カイロプラクティック

なかおのひとりごと

なかおのフェイスブック

過去の院長ブログ

オーガニックルームブログ

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

ブログランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。